兵庫県知事認可団体神戸市石材企業協同組合 5つの約束

  • 1.中立的にアドバイス。

    常にご相談者様のことを第一に考えアドバイス!

  • 2.「お墓のプロ」がコンサルティング。

    全てのアドバイザーが、「お墓ディレクター」資格者。

  • 3.墓石展示場完備。

    屋内型墓石ショールーム。展示品は全て価格表示!

  • 4.相談は全て無料!

    相談は何回でも無料!
    完全予約制にて承ります。

  • 5.しつこい売り込み、自宅訪問一切なし!

    プライバシー完全厳守。
    匿名でのご相談も可!

詳しくはこちら

理事長挨拶

プライバシー厳守の個別相談予約受付状況

詳しくはこちら

HOME > 理事長ブログ > 10ページ目

理事長ブログ 10ページ目

お墓が「思ったものと違う」と言われた②どちらの言い分が正しいか?【石屋の法律相談】

お墓が思ったものと違う2.jpg 

~前のコラムからの続きです~

このようなトラブルは、つまるところ、
お客様の注文と石材店の受注した内容の理解が、
くいちがってしまったことから生じるといえます。

したがって、お客様の言い分と石材店の言い分のどちらが正しいのかによって、
法的責任の所在は決まってきます。

石材店の言い分が正しければ、石材店が仕様の違いを直すため、
工事をやり直さなければならないとか、
その分の値引をしなければならないなどの法的責任を負うことはありません。

問題は、どちらの言い分が正しいのかということです。

口頭でのやり取りを、記憶に基づき主張しあっても、
いわゆる水掛け論になってしまい、
どちらが正しいのか容易に決着をつけることはできません。

なんといっても、受注した内容が、
書面などに記録されているかどうかが、
裁判などでは大変重要になります。

墓石販売にあたってのパンフレットなどの説明文書、
価格表、契約書、受注書などの文書に、契約内容や
変更した内容についての記載があるかどうか確認できるかどうかによって、
決めていく他ないでしょう。

もし、そのような記載が書面上ないときには、
事情によっては、石材店の負担により、
やり直し等を行なわざるをえない場合もあります。

例えば、営業担当社員の軽はずみな言動により
お客様の仕様変更の申し入れを受けてしまったような場合が典型的なケースです。

営業社員は契約を結ぶ権限はなく、
石材店に取り継ぐ権限しか与えられていないのが一般的ですが、
お客様側からしてみれば、契約交渉をする直接の相手なので、
契約内容の変更をする権限も会社から与えられていると誤解しても、
やむを得ないと考えられるからです。



             ~つづく~



※参考文献:日本石材工業新聞 第1918号(日本石材工業新聞社発行)

 

神戸・明石・芦屋・西宮・尼崎・宝塚・加古川・姫路・兵庫県・阪神間の
お墓の相談なら「和型墓石」から「デザイン墓石」まで神戸市石材企業協同組合へ

お墓が「思ったものと違う」と言われた①【石屋の法律相談】

お墓が思ったものと違う1.jpg 

Q.墓石の石種やデザイン・向き・施工方法などについて、
お客様と打ち合わせをし、ご納得をいただいたうえで、墓石を建立したのですが、
建立後「思ったものと違う」の一点張りで、やり直しを求められています。

口約束のみだったので、こちらもいけないかもしれませんが、
お客様もこちらの説明に間違いなく納得されたうえで、墓石づくりをすすめてきました。

このような場合、石材店側とお客様側とどちらに法的責任が問われるのでしょうか?
また、どのようにしたらトラブルを防げるのでしょうか?
 
A.お客様の発注したとおりの墓石が建立されてたのであれば、
石材店はやり直しなどする法的責任を負いません。

しかし、発注内容が後で確認できるような書面などの資料がないときには、
石材店の負担で工事のやり直し等をおこなわざるをえないこともあり得ます。

このようなトラブルを防止するには、
発注や追加内容を確認する書面にサインをもらっておくことが有効でしょう。 

1.トラブルが生じる場合

石材店がお客様に墓石を販売する方法は多種多様です。

石材店の店頭で販売する、霊園の事務所で販売する、
お客様の自宅で販売することなどが代表的なものでしょう。

最近ではインターネットにより、勧誘をしたり、
パンフレットなどを利用して通信販売することなども行なわれているようです。

いずれの方法で墓石を販売するにせよ、
墓石の販売契約(お墓工事の請負契約を含む)は、
お客様の契約の申し込みと(発注)と
石材店の承諾(受注)が、合致しなければ、成立しません。

お客様と石材店の間で、代金の額はもとより、石種、デザイン、
施工方法、工期などが、合致していなければなりません。

しかし、細かなデザインや彫刻の種類、刻む文字の字体や彫りの深さなど、
契約時には、お客様が決めかねている事項を契約後に決めることにした場合や、

契約後に変更や追加の指示がなされる場合など、
仕様が契約時とは異なってくることも、実際は多く生じます。

このような場合に、工事完成後、「発注した内容と完成した墓石が違う」
というクレームが生じることが多いと思われます。

特に、対面してお客様とやりとりする機会が乏しい販売方法の場合には、
トラブルが生じやすいといえるでしょう。



               ~つづく~



※参考文献:日本石材工業新聞 第1918号(日本石材工業新聞社発行)

 

神戸・明石・芦屋・西宮・尼崎・宝塚・加古川・姫路・兵庫県・阪神間の
お墓の相談なら「和型墓石」から「デザイン墓石」まで神戸市石材企業協同組合へ

安定した品質「アーバングレー」(インド産)

アーバングレー.JPGのサムネール画像 

中国に次ぐ天然石の宝庫であるインドで採石される御影石です。

カルナタカ州ムドゥカル地方で採石されるため、
別名「ムドゥカルグレー」、石材業界では「MD-5」とも呼ばれています。

少し緑がかったグレーの色調と、
ガラスのような透明感のある鮮やかな中目が特徴です。

アーバングレーには、7ヵ所の採石丁場があり、
採石される丁場により、若干色目が異なります。

インド産石材の中では価格もお手頃で、
和型墓石、洋型墓石のどちらにもマッチするのでたいへん人気があります。

硬度も高く、吸水率も低く耐久性に優れていて、
品質と価格が見合った石種といえるでしょう。

インド産御影石は全般に硬質で堅牢性に優れることから、墓石材としてはおすすめです。

【石材物性データ】
・見掛け比重  2.632t/㎥
・吸 水 率   0.056% 
・圧縮強度   118.58N/m㎡ 
・岩石分類    花崗岩

 

神戸・明石・芦屋・西宮・尼崎・宝塚・加古川・姫路・兵庫県・阪神間の
お墓の相談なら「和型墓石」から「デザイン墓石」まで神戸市石材企業協同組合へ

中国産青御影石の最高峰「黒龍石」(中国・黒龍江省産)

黒龍石.JPGのサムネール画像 

中国の北部、黒龍江省から採掘される石を称して「黒龍石」と呼びます。
これらは全般に硬質で艶のりが良く、吸水性も低く、
高級感のある濃い青色が特徴です。

また、経年変化もきわめて少なく、
中国屈指の銘石として現在高い人気を得ております。

この「黒龍石」と呼ばれている黒龍江省の石は、
多くの種類があり、採石丁場ごとに、
品番G1716系、G1704系、GL系、G1790系等があります。

その中でも墓石材として、広く使われているのが、G1716系、G1704系です。

しかし、このG1716系、G1704系だけでも、
その採石丁場の数は100ヵ所以上あり、
採石する丁場と色調や石目から
"K-1" "K-7" "K-12" "K-16"等と細分化され流通いたします。

これらの中で、現在最も人気の高い石種が
"G1704・K-12"ですが、同じ"G1704・K-12"でも、
採石時期、採石場所、取り口により石目、色目が異なり、
それらは4,500番台、21,000番台、40,000番台、
50,000番台、54,000番台、60,000番台、80,000番台等、
採石丁場によって、さらに細かく分類されています。

最も状態の良いものは、青みが強く、
すっきりとした上品な石目が特徴です。
石質は硬く、吸水率も低い高品質で、
磨きあげた際の艶のりは抜群で優れた耐久性を誇ります。

ただ石目、色目を合わせるのが難しく、
採石される時期により黒玉が出たり色調も変化するので、
製作する段階でよく確認する必要があります。
西日本を中心にたいへん人気があり高い評価を得ています。

神戸市石材企業協同組合では頻繁に中国に出向き、
慎重に原石をチェックし、最も状態の良い原石を選び、
お客様に提供させていただいております。

【石材物性データ】
・見掛け比重  2.681t/㎥
・吸 水 率   0.073% 
・圧縮強度   118.46N/m㎡ 
・岩石分類    花崗岩

 
神戸・明石・芦屋・西宮・尼崎・宝塚・加古川・姫路・兵庫県・阪神間の
お墓の相談なら「和型墓石」から「デザイン墓石」まで神戸市石材企業協同組合へ

日本を代表する白みかげ石「北木石」 (岡山県産)

墓相式・吉相五輪塔1.jpgのサムネール画像 

瀬戸内海に位置する岡山県、笠岡諸島最大の島、
北木島は島全体が花崗岩で形成されています。

まさに「石の島」から採掘される「北木石」は、
古くから銘石として名高く、大阪城の石垣、
靖国神社の大鳥居、日本銀行本店、三越デパート本店など、
歴史に名を残すそうそうたる建築物に使用されており、
特に明治から大正時代に建立されたものに多く使用されています。

これら名だたる建築物に使用された背景には、
北木石そのものの良質な材質にあります。

先ず、長年に及ぶ風雨にも耐え得る
高い硬度と、極めて低い吸水率であること。

それに加え、冷厳とも言える微妙な艶と光具合を持つ材質が、
西洋文化を取り入れつつあった時代背景と見事にマッチしたことが挙げられます。

北木石のその良好な石質は、建築資材のみにとどまらず、
墓石としても古くから愛用されております。

また、吉相墓の条件である、汚れがなく、
物事を映し出すのに最適な無垢の代表色である「白みかげ石」というところから、
墓相学者の多くが、吉相墓に最も適した石として推奨されています。

【石材物性データ】
・見掛け比重   2.63t/㎥
・吸 水 率    0.17% 
・圧縮強度    158.73N/c㎡ 
・岩石分類     花崗岩
 

神戸・明石・芦屋・西宮・尼崎・宝塚・加古川・姫路・兵庫県・阪神間の
お墓の相談なら「和型墓石」から「デザイン墓石」まで神戸市石材企業協同組合へ

理想の墓石材「天山石」 (佐賀県産)

天山石.JPGのサムネール画像 

佐賀県松浦郡七山村、唐津湾の眼前に広がる日本三大松原のひとつ、
虹の松原を望む、どこか懐かしさを感じる閑静な山里で天山石は生まれました。

その歴史は古く、唐津城の石垣にも使用されているほどです。

しかし、本格的に採掘が始まったのは、昭和40年代からで、
地元以外で、その存在はほとんど知られていませんでした。

青深く透明度の高い石目が特徴の天山石は、
国産石材の中でも極めて硬く、吸水率は国産石材でも1、2を争う低さのため、
降雨後の変化もほとんど見られないなど、墓石には大変適した石材で、
日本屈指の銘石として近年人気が高まっています。

元来は、本家採掘元である天山石材(田中正男社長)で
採石されるものだけを「天山石」と呼んでいましたが、
最近ではよく似た目合いで、同じ天山山系から採石される
椿石、富士みかげ、七山みかげなどが「天山石」と称して販売されています。

※大半が中国で加工・製造されたものです。

しかし、厳密にいえば、本来はは全く異なる石種です。
きのこに例えるならば、天然のホンシメジと、
一般に店頭で「シメジ」として並んでいるヒラタケのようなものです。

神戸市石材企業協同組合では、本家採掘元・天山石材にて、
石職人立会いの上、原石を厳選して仕入れることで、
天山石の中でも、最も上質な原石による製品加工を可能にしています。

※田中直美石材産の「天山石」も正真正銘の天山石です。

【石材物性データ】
・見掛け比重   2.69t/㎥
・吸 水 率    0.09% 
・圧縮強度    1,981kg/c㎡ 
・岩石分類     花崗岩
 

神戸・明石・芦屋・西宮・尼崎・宝塚・加古川・姫路・兵庫県・阪神間の
お墓の相談なら「和型墓石」から「デザイン墓石」まで神戸市石材企業協同組合へ

石の貴婦人と称される高級墓石材「大島石」(愛媛県産)

大島石墓石.JPGのサムネール画像

伊予の銘石「大島石」は、
瀬戸内海の「しまなみ海道」が通る
愛媛県の周囲約50㎞の島、大島で採石されています。

江戸時代から美しく堅牢な石として知られていましたが、
ごく一部の人のみが知る隠れた銘石でした。

しかし、明治から大正、昭和にかけて、
採石技術の進歩・機械化などで、採石量が増えるにつれ、
「大島石」は一躍脚光を浴びるようになりました。

特に産地に近い関西・中国地方では
香川県の「庵治石」と並んで
「お墓といえば大島石」といわれるほどの
信頼と支持を得るとともに、
今日では全国的に知られる高級墓石材となっております。

「大島石」は花崗岩の一種ですが、
その主な成分である石英、長石、雲母が、
それぞれ微細で均質に含まれています。
自然が創るこの偶然性が、
美しい青みを含んだ硬くキメ細かな石肌と、風化に強いという
高級墓石材としての要件を満たしているのです。

建立後の墓石を見ると、
なんとも言えない青みをその石肌に漂わせます。
青磁の肌を感じさせる気品は、
まさに"石の貴婦人"の名にふさわしいものがあります。
また、他を圧倒する気品、風格は
「大島石」ならではのものです。

細やかな石目で、独特の青みを含んだ石肌を持ち、
国産の花崗岩の中でも、
有数の硬さと低い吸水性を誇る「大島石」は、
何年経ってもその風合いの変化が少ないという石質のため、
墓石以外にも多くの歴史的建造物に使用されてきました。

主なところでは、国会議事堂、赤坂離宮、大阪戎橋、愛媛県庁舎などがあります。

■「大島石」の種類と特徴

「大島石」の種類は大きく分けると
次の5つの等級に分かれますが、
「大島石」の丁場(採石場)は40ヶ所以上あり、
採石される丁場によって、同じ特級、一級でも石目・品質等は様々です。
また、採石される年によっても、石質は変わります。

1. 大島特級 
「大島石」の最高峰です。
石目が細かく深みのある濃い青みを含んだ気品ある石です。
しかし、最近では採石できる丁場も少なく希少価値の高い石です。

2. 大島一級
「大島石」の中で墓石材として最も多く使用される石です。
黒玉や白玉、色ムラなども少なく安心して使用できます。

3. 大島二割
大島一級の丁場で採石される石です。
少し目が粗かったり、色ムラなどがあります。

4. 大島カレイ
大島の「カレイ山」という山で採石される石です。
大島特級、一級、二割と比べると石目は少し粗くなりますが、
黒玉や白玉も少なく、上品な淡い色目が特徴です。

5. 大島二等
石目が粗く、黒玉、白玉が目立ちます。
関西地方では、墓石材としては、あまり使用されていません。
長い材料が採石されるので、巻石などに使われます。

★注意★

伊予の銘石「大島石」も
多くが中国に送られ製品化されています。
問題なのは、本来ならば使えないような原石でも、
薬品処理などの"ごまかし"を経て墓石となり、
お客様の元へ提供されていることです。
そのため特に安価な「大島石」墓石には注意が必要です。

......残念ながら製作・販売そのものが
倫理観に欠けるものであっても、
現状では規定法律が無いため、取り締まりの対象になりません。

【石材物性データ】(大島特級)
・見掛け比重   2.649t/㎥
・吸 水 率    0.111% 
・圧縮強度    117.99N/m㎡ 
・岩石分類     花崗岩
 

神戸・明石・芦屋・西宮・尼崎・宝塚・加古川・姫路・兵庫県・阪神間の
お墓の相談なら「和型墓石」から「デザイン墓石」まで神戸市石材企業協同組合へ

戒名と修行との関係

お彼岸の意味3.jpg  

~前のコラムからの続きです~

戒名は法名(浄土真宗)、法号(日蓮宗)ともいわれ、
宗派によって呼び方が異なります。

戒名の"戒"とは、戒律のことを表し、
仏教の中で悟りを得るための修行としての実践徳目
「六波羅蜜(ろくはらみつ)」の1つである
「持戒(じかい)」のことで、戒律を守り反省することです。

では具体的に戒律を守るとは、
どういうことかといいますと、一般の男女の場合、

1. 殺生をしないこと
2. 他人のものを盗まないこと
3. 自分の妻または、夫以外の者と淫らな行為をしてはならない
4. ウソをついてはいけない
5. 酒を飲んではならない

という五戒があります。
これが修行が高まるにつれて、
十戒になり二百五十戒になり五百戒となっていきます。

こういう厳しい修行ののちに成道して
授けられる名を戒名といいます。

これが本来の戒名ですが、しだいに変わってきて、
その人の信仰の深さ、菩提寺への尽力の度合、
社会への貢献度などによって授けられるようになってきます。

したがって戒名は修行を積んで
生前に授けられるのが本来の姿ですが、
現在では一般的に死後に授かるようになっています。

つまり、死ぬことで煩悩が絶たれ、
たくさんの戒律を受けて成就したと見なされるからでしょう。


※参考文献:「わかりやすいお墓と仏事」
(五来 重著・株式会社 石文社発行)


 

神戸・明石・芦屋・西宮・尼崎・宝塚・加古川・姫路・兵庫県・阪神間の
お墓の相談なら「和型墓石」から「デザイン墓石」まで神戸市石材企業協同組合へ

極楽浄土のである彼岸に渡るための修行

お彼岸の意味2.jpg 

~前のコラムからの続きです~

お彼岸とは「到被岸(とうひがん)」の略したもので、
文字通り彼岸へ到達するという意味です。

彼岸とは悟りの世界を意味し、
迷いや苦悩に満ちた
こちら側の岸(此の岸)に対して、
あちら側の岸(彼の岸)、
つまり極楽浄土のことを指しているのです。

これを、古代インドのサンスクリット語では
「パーラミータ」といい、漢字では「波羅密多」と書き、
仏教では修行を意味します。

では、どうしたら極楽浄土の岸へ渡れるのでしょうか?

仏教には「六波羅蜜(ろくはらみつ)」の教えという、
菩薩が修行をする六つの大切な実践徳目があります。

1.布施(ふせ) 財物・おしえ・安心など、他人に施しをすること
2.持戒(じかい) 戒律を守り反省すること
3.忍辱(にんにく) 不平不満を言わず、苦難を耐え忍ぶこと
4.精進(しょうじん) 仏道を実践し、精進努力をすること
5.禅定(ぜんじょう) 精神を統一し、心を安定させること
6.智慧(ちえ) 真実を見きわめる知恵を働かせること

この中で最も重要なのが「智慧」です。
お経の中でも出てくる「般若(はんにゃ)」とは、
この「智慧」のことなのです。

こうした徳目は本来ならば、
毎日心がけるべきなのでしょうが、
日頃は忙しさにかまけて
なかなか実行できないというのが実状です。

そこで、せめて春と秋の
年に2回くらいは実践しようというのが、
お彼岸法要の意味です。

お彼岸にはご先祖様のお墓にお参りし、
日々の感謝の気持ちを伝えると共に、
「六波羅蜜」の教えを実行したいものです。


※参考文献:「わかりやすいお墓と仏事」
(五来 重著・株式会社 石文社発行)



         ~つづく~


 

神戸・明石・芦屋・西宮・尼崎・宝塚・加古川・姫路・兵庫県・阪神間の
お墓の相談なら「和型墓石」から「デザイン墓石」まで神戸市石材企業協同組合へ

「お彼岸」とその意味?

お彼岸の意味1.jpg 

お彼岸の時期がやってまいりました。

「春分の日」と「秋分の日」を中心に、
前後3日間を加えた計一週間がお彼岸で、
「入り」「中日」「明け」の三つに分かれます。

「中日(ちゅうにち)」には太陽が真東からでて真西に沈みます。

そのことから、この日に夕陽を拝むということは、
西方にある極楽浄土に向かって
拝むことになると言われており、
「中日」に夕陽を拝むと
特に功徳があると考えられているのです。

「彼岸」とは、"彼方(かなた)にある岸"
のことで、すなわち向こう岸です。

大きな海や川をはさんだその反対の
こちら側を「此岸(しがん)」といいます。

仏教では、2つの岸を、「悟り」と「迷い」の世界、
あるいは「極楽浄土」と「娑婆(しゃば)」に例えます。

わたしたちには、「あの世」と「この世」
という表現の方がよく分かります。

彼岸とは「到被岸(とうひがん)」の略したもので、
文字通り彼岸へ到達するという意味です。

彼岸とは悟りの世界を意味し、
迷いや苦悩に満ちた
こちら側の岸(此の岸)に対して、
あちら側の岸(彼の岸)、
つまり極楽浄土のことを指しているのです。

これを、古代インドのサンスクリット語では
「パーラミータ」といい、漢字では「波羅密多」と書き、
仏教では修行を意味します。

では、どうしたら極楽浄土の岸へ渡れるのでしょうか?


※参考文献:「わかりやすいお墓と仏事」
(五来 重著・株式会社 石文社発行)


     
        ~つづく~


 

神戸・明石・芦屋・西宮・尼崎・宝塚・加古川・姫路・兵庫県・阪神間の
お墓の相談なら「和型墓石」から「デザイン墓石」まで神戸市石材企業協同組合へ

<<前のページへ12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

このページのトップへ