兵庫県知事認可団体神戸市石材企業協同組合 5つの約束

  • 1.中立的にアドバイス。

    常にご相談者様のことを第一に考えアドバイス!

  • 2.「お墓のプロ」がコンサルティング。

    全てのアドバイザーが、「お墓ディレクター」資格者。

  • 3.墓石展示場完備。

    屋内型墓石ショールーム。展示品は全て価格表示!

  • 4.相談は全て無料!

    相談は何回でも無料!
    完全予約制にて承ります。

  • 5.しつこい売り込み、自宅訪問一切なし!

    プライバシー完全厳守。
    匿名でのご相談も可!

詳しくはこちら

理事長挨拶

プライバシー厳守の個別相談予約受付状況

詳しくはこちら

HOME > 理事長ブログ > どんな営業マンからお墓を買うべきか?④職人経験者の方が良いのか?

理事長ブログ

< どんな営業マンからお墓を買うべきか?③設計が出来る営業マン!  |  一覧へ戻る  |  どんな営業マンからお墓を買うべきか?⑤デザイン的センスある営業マン! >

どんな営業マンからお墓を買うべきか?④職人経験者の方が良いのか?

職人経験のある営業マン.jpg 

■お墓は「どこで買うか!」よりも「誰から買うか!」が重要!
https://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/27234/
■どんな営業マンからお墓を買うべきか?①石を良く知っている!
https://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/27270/
■どんな営業マンからお墓を買うべきか?②すべてに「こだわり」を持っている!
https://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/27282/
■どんな営業マンからお墓を買うべきか?③設計が出来る営業マン!
https://mbp-kobe.com/daiichisekizai/column/27310/

※上記のコラムからのつづきです

 

お墓の設計をある程度こなせる営業マンとなると、
やはり職人経験者の方が良いということになるのでしょうか?


でも、家や建築物の設計技師が必ずしも元大工さんとは限りませんし...


ちなみに、お墓に携わる職人さんの場合、大きくは二通りあります。

一つは、石を加工して墓石を製作する石工職人さん。

もう一つが、加工された墓石を墓地に設置していく職人さん。

これらの職人の仕事の経験を経て営業マンになる人もかなりいます。

古くからの老舗で家族中心で営業展開をされている
地域密着型の石材店にはこのケースがよくみられます。


石を加工して墓石を製作してきた職人さんたちは、
石を自分の目と肌で感じてきた経験上、石を熟知しています。


「この石は加工に苦労を要するが極めて硬い!」


「あの石はツヤを出すのが難しい!」


...などなど、それぞれの石の特性を良く理解しています。

この経験は営業をするときの大きな武器になる事でしょう!

ただ、自分自身が長きに渡り手に触れて来た石のことは判るが、
近年の様に日本で使用されている墓石の約8割が、
中国の石材加工工場で加工・製造されたものとなると、
石工職人さんでも扱ったことも無い石種もたくさんあるでしょうが?


一方、墓地にて基礎工事から墓石の設置を行う職人さんたちは、
お墓の構造等に関しての知識に優れているといえるでしょう。


「この構造なら納骨室に水が入りにくい」


「この工法で施工すれば耐震効果がある」


...などなど、目に見えない部分の構造についても判っています。


これなら、結果は一目瞭然!



「墓石の加工も墓地での施工も経験のある職人経験者の営業マンがベスト!」



...と、なるはずなんですが、必ずしもそうならないのが世の中なのです?


何故かといいますと......


墓石の加工に携わってきた職人経験がある営業マンは、
どんな形の墓石なら加工にどの位の時間を要するか?

どのような加工が石工職人にとって手間がかかるか?

など、お墓づくりの苦労と大変さを解かっているため、
おのずから職人の立場を考えた上でのお墓のづくりとなり、
造りやすい簡単な墓石の形を最優先に考える営業マンも中にはいます。


ここが腕の見せ所と技術力をアピールしている石材店ももちろんありますが...


また、墓地での施工工事の職人を経験してきた営業マンの中には、
墓地での作業が出来るだけ行いやすい構造に限定して設計をする人もいます。

こうなってきますと、お客様の要望はさておき、
プロの目線がら見た美観性や機能性・安全性よりも、
時間・コスト・利益のみに重点をおいたお墓になってしまいかねません。


これらの職人経験のある営業マンに共通して言えることは、
「目線をどこに対しておいているか!」ということです。


職人経験者であるからこそできる提案や設計を、
常に「お客様目線!」で考えてあげることができるなら、
「職人経験者の営業マンがベスト!」となるでしょう。

逆に、消費者目の要望に添った「お客様目線!」での提案・設計ができず、
いかに自分たちが速く楽に仕事が出来ることものみしか考えられないのなら、
むしろ、職人経験などない方が消費者にとってはどれだけ良いことでしょう。


そう考えると、最終的には人間性の問題になってくるのでしょうが、
「職人経験のある営業マン」の是非は"諸刃の剣"ともいえるかもしれませんね!



ただ、職人経験はなくとも石の特性や加工・施工についての理論的な知識は、
お墓を扱う営業マンとしては最低限は知っておく必要があるでしょう。



             ~つづく~



失敗しないお墓づくりの相談は『神戸市石材企業協同組合』へhttps://www.sekizaikumiai.com/


< どんな営業マンからお墓を買うべきか?③設計が出来る営業マン!  |  一覧へ戻る  |  どんな営業マンからお墓を買うべきか?⑤デザイン的センスある営業マン! >

このページのトップへ