兵庫県知事認可団体神戸市石材企業協同組合 5つの約束

  • 1.中立的にアドバイス。

    常にご相談者様のことを第一に考えアドバイス!

  • 2.「お墓のプロ」がコンサルティング。

    全てのアドバイザーが、「お墓ディレクター」資格者。

  • 3.墓石展示場完備。

    屋内型墓石ショールーム。展示品は全て価格表示!

  • 4.相談は全て無料!

    相談は何回でも無料!
    完全予約制にて承ります。

  • 5.しつこい売り込み、自宅訪問一切なし!

    プライバシー完全厳守。
    匿名でのご相談も可!

詳しくはこちら

理事長挨拶

プライバシー厳守の個別相談予約受付状況

詳しくはこちら

HOME > 5つの約束

5つの約束

1.中立的にアドバイス

お墓に掛けるご予算、石の素材(国産石材・外国産石材)、
墓石のカタチ(和型・洋型・デザイン墓石など)、
墓所での施工・工事(基礎工事・耐震設計など)など、
お墓に対する考え方は、お客様ごとに異なります。

そのため、先ずはじっくりお話を聞かせ頂くことから始めます。

そうすることで、お客様ごとのプランや考え方から、
どのようなお墓がふさわしいかが見えてきます。
お客様の立場に合った供養のカタチが決まってから、
初めてお墓選びができるのです。

私たちは常にお客様のことを第一に考え、
特定の考え方に偏ることなく、
「良いモノは良い!」「悪いモノは悪い!」の姿勢で、
中立的な立場でアドバイスさせて頂きます。


2.「お墓のプロ」がコンサルティング

今、お墓について、数多くの情報が氾濫しています。
その真偽を判断し、本当に価値のあるものを選んで頂くには、
コンサルティングの質がもっとも重要と考えます。

兵庫県知事認可の神戸市石材企業協同組合では、スタッフ全員が、
(一社)日本石材産業協会認定の「お墓ディレクター」
資格を有しており、
高レベルのお墓コンサルティングをさせて頂いおります。

お客様のお考えやご要望を大切に受け止め、
心を込めた適切なサポートをさせてただくことが、
後悔しないお墓づくりにつながると考えております。

※2015年4月1日現在、1級・2級あわせて、
全国で5,060人の「お墓ディレクター」が活躍しています。
(1級取得者682人・2級取得者4,378人)

「お墓ディレクター」認定証

合格者には「お墓ディレクター」のIDカードと、
合格証書・合格証明書が交付されます。

お墓ディレクター 1級認定証お墓ディレクター 2級認定証

詳しくは(一社)日本石材産業協会「お墓ディレクター」のサイトをご覧ください。


3.屋内墓石展示場完備

お墓は建築物と同じです。
お家を買うのと同じように、先ずは実物を見てご判断ください。

神戸市石材企業協同組合「墓石ショールーム」には、
伝統的な和型墓石から洋型墓石、そして近年人気の高いデザイン墓石まで、
さまざまな石種、様式の墓石をすべて価格表示の上、数多く展示しております。

さらに、国産から外国産まで数多くの石の特性や工事方法から、
「震度7」の振動実験をクリアした最新の地震対策技術に至るまで、
お墓に関する全ての情報をパネルや映像で公開中です。

満足のいくお墓づくりをして頂くためにぜひともご来場ください。

※健康増進法第25条にもとづき、
 墓石ショールーム内は終日禁煙とさせて頂いております。


4.相談は全て無料!

相談はすべて無料ですので、納得のいくまで何度でもご相談下さい。
先ず最初はご自身だけで相談に来られ、
後日改めてご家族の方と再度ご相談に来られる方も数多くおられます。

また、契約を迫る様なことは一切致しません。

「墓石ショールーム」内の展示品や情報パネルなどを、
自由にご覧頂くだけでも構いませんので、ぜひ一度ご来場ください。
駐車場完備で、土・日・祝日も相談を受け付けております。


5.しつこい売り込み、自宅訪問一切なし!

墓石ショールーム完備、組合主催「安心の相談会」です!

お墓についてのご相談内容は、お墓のカタチ、
ご予算、宗教、家族構成など、一人ひとり異なります。

2004年(平成17年)から開催しております、
墓地・墓石の定期相談会も2017年(平成29年)4月で第46回を数え、
たくさんの方がご相談に来られました。

年に数回開催する、定期相談会に加え、
常時完全予約制の個別相談を受け付けております。

相談はすべて無料となっており、
相談内容は当組合プライバシーポリシーに基づき秘密厳守
いたします。

相談内容は、「墓地」、「墓石」、「お墓のお引越し」、
「お墓のリフォーム」、「永代供養」、「墓じまい」など、
お墓に関することならどんなことでも構いません。

兵庫県知事認可団体の『神戸市石材企業協同組合』まで、
どうぞお気軽にご相談ください。




このページのトップへ