HOME > 「神戸市石材企業協同組合」ってなに?

「神戸市石材企業協同組合」ってなに?

はじめての方へ

いざ、お墓が必要になった時、皆さまはどうされますか?

石のこともネットで色々と調べてみたもののいま一つよく分からないし、
肝心要の費用についても、いったいいくら掛かるのかも分からない。

また、近年においては市場に流通している約80%の墓石が中国で加工されているなど、
消費者の方々にとっては、すべてが分からないことだらけでしょう。

かと言って、石材店に相談に行って、しつこく売り込まれるのは嫌だし、
インターネットでお墓を買うのは、大きな買い物だけに不安もあるでしょう。

そんな悩みを解決させて頂くのが、兵庫県知事認可の事業協同団体である、
神戸市石材企業協同組合の「お墓の無料相談」です。

私たちは常にお客様の立場でお墓づくりを考え、
「良いものは良い!」「悪いものは悪い!」の姿勢で、
極めて中立的な立場で判断し、的確なアドバイスをさせて頂きます。


その第一番が、本当に信頼できる石材店に出会えかどうかです。


一生に一度あるかどうかの大切なお墓づくりです。


ご相談は全て無料!プライバシイー厳守の個別相談となっております。



理事長挨拶

神戸市石材企業協同組合 理事長 能島孝志 お墓の前で手を合わす・・・。
ご先祖様の冥福を祈ることだけでなく、家族が無事に暮らしていることの感謝、報告、
そして自分を見つめ直すということかもしれません。

しかし、最近ではお墓は必要ないという考えのもと、
散骨や樹木葬など遺骨を自然に帰しお墓を建てない人もでてきています。

「本当にお墓は必要ないのでしょうか?」・・・私はそうは思いません。

お墓には亡き人の生きた証を残すという側面と、
残された者が個人を偲ぶ「供養」という二つの側面があります。
また、自分の家族の死をいたまない人はいません。
「手を合わせる」という自然な感情表現の象徴となるのがお墓なのです。

最近では、ご本人が生きた証を残したいなどの理由から生前に自分のお墓を建てたり、
想いを形にした「オリジナルデザイン墓石」を希望される人も増えています。

いずれにしても、ご先祖を偲ぼうにもお墓がなければ叶いません。
遺族の方々、また子孫にとっても、お墓は必要なものではないでしょうか。


神戸市石材企業協同組合
理事長 能島孝志


「お墓・無料相談」のご予約はコチラ!」


このページのトップへ