HOME > 墓地・霊園の選び方

墓地・霊園の選び方

墓地の種類について

墓地や霊園は、経営主体や管理者、形態などによって大きく4つの種類に分けれれます。

公営墓地

公営墓地都道府県や市町村などの地方自治体が管理・運営している墓地で、神戸市では、鵯越墓園・舞子墓園・西神墓園などがこれにあたります。公営墓地は、墓地にとって最も重要である永続性が保証されていて、かつ、永代使用料や管理費が安く抑えられています。また、自治体が管理・運営していますので、宗旨・宗派による申し込みの制限など宗教的な制約は一切ありませんので、仏教でも、神道でも、キリスト教でも、新興宗教でも使用することが可能です。そのため人気が高く、購入する際の競争率も高く抽選になることが多々あります。
ただし、「遺骨がすでに手元にあること」「その自治体の管轄内に現住所があること」など資格制限が設けられています。墓石については、高さ制限等の制約はありますが、基本的にはお墓のデザインや大きさなどは自由に選べる墓地が多いようで、墓石購入時の石材店を自由に選ぶことができます。

民営霊園

民営霊園民営霊園とは営利を目的としない公益法人(財団法人や宗教法人など)が許可を受け管理・運営している墓地です。宗教法人が管理・運営していても○○霊園として宗旨宗派を問わずに販売しているものを一般に民営霊園と呼んでいます。
公営墓地と比べると永代使用料や管理費などは多少割高ですが、購入の際の資格制限がなく、宗派についても問わない所がほとんどです。また抽選もなく、比較的自由に区画面積、墓石デザインを選ぶことができ、管理棟や駐車場などの施設も充実しています。宗教不問、壇家にならなくてよい、抽選をせず、好きな区画がすぐに買える、と良いことずくめの気がします。しかし、仏教系の宗教法人が経営している場合が多いため、事前に、本当に「宗教不問」かを確認することが大切です。実際には「それ以前の宗旨・宗派不問」という意味合いであり、墓地購入後はその霊園の宗教法人の寺院僧侶にしか納骨法要等を頼めないというケースもあります。
まずは、墓地の使用規定をきちんと確認しなくてはいけません。自分の宗教、宗派の僧侶の同行供養を許可してもらえるかは、最初に必ず聞くべきです。
キリスト教徒とわかっていて売ってくれたはずなのに、祭祀をキリスト教式ではしてくれるな等の、トラブルが起きている例もあるようです。
墓石の購入や工事については霊園が定めた指定石材店に依頼することになっている場合がほとんどです。

寺院墓地

寺院墓地寺院が所有、管理・運営している墓地です。その多くが市街地にあり、利便性が高いといえますが墓所の空きがない場合もあります。常に住職がいるため墓地の管理が行き届いているところが多く、法要の際だけでなく日常的に安心して管理・供養を任せられます。
しかし、お寺の境内にある墓地を導入するということは、必然的に宗旨・宗派は限定され、原則的には、その寺院の壇家になることを意味します(例外もあります)。壇家とは自分一代のことではありません。代々にわたり、お寺を支えていく会員となることですので、必ずそのお寺の住職にお寺の行事や、お付き合いの仕方について確認しておいた方がよいでしょう。

みなし墓地

みなし墓地実際には経営許可を受けていませんが、受けたものとみなす墓地のことを「みなし墓地」といいます。そのほとんどは「墓地、埋葬等に関する法律」施行(昭和23年6月1日)前に設置された墓地です。同法施行後は原則として、新たに墓地経営が認められるのは地方公共団体、公益法人に限られています。みなし墓地には旧村の共同墓地(地緑墓地)や個人墓地(共同墓地と同様に法律が施行される以前から私有地に作られていた個人が管理する墓地)などがあります。


墓地・霊園の選び方のチェックポイント

Point1.宗旨・宗派について

宗旨・宗派について宗旨・宗派の条件は墓地・霊園によってさまざまです。
「せっかく選んだのに宗旨に制限があった」ではどうしようもありません。あらかじめ、自分の属する宗旨・宗派は何か?今後はどうしたいのか?などを決めておきましょう。



■宗旨・宗派不問
どの宗教の方でもお墓を購入することができるという意味です。
公営墓地と多くの民営霊園にみられ、開眼法要、納骨法要などの法要については自分の宗教の形式に則り行うことができます。
ただし、民営霊園にはその墓地の経営主体が寺院や神社・教会などの宗教法人である場合が多く、霊園によっては、その宗教法人の形式に従わなければならないケースが、少ないながらもあるようです。

■宗派不問
仏教系の宗派なら問わないという意味ですが、仏教系でも新興宗教ではお墓を購入できないといったケースもあるので、よく確認しましょう。
一部の寺院墓地や民営霊園にみられる形態です。法要については、その墓地の経営主体である寺院の宗派の形式に則ることが多く、自分の宗派の形式で行うことは難しいでしょう。

■過去の宗派不問・要入檀家
それまでの宗教・宗派には不問ですが、お墓を購入する際には、その墓地の経営主体である寺院の宗派に属することが、購入の条件であるという意味で、寺院墓地に多くみられます。「要入檀家」とは、檀家になる必要があることで、檀家とは、仏教用語で"布施をする人"の意味で、護持会費や寄付などによってお寺の維持に協力する俗家のことです。
また、住職との交流や、寺院の行事などへも参加し、そうした活動を支えていく役割も担います。

Point2.立地について

立地についてやはり、お墓は自宅からお参りに行きやすい場所にあるのが一番ですが、自宅から歩いて行ける墓地にお墓を持っている人は、都心部においてはよほど幸運な人といえるでしょう。
阪神間では墓参に1時間以内、東京、首都圏では1時間~1時間半以内という距離と時間が、便利な郊外型墓地といわれています。
たとえ、自宅からすぐ近くに墓地を求めることができなくても、交通の便が良ければ意外と時間がかからずに行けたりするものです。
お墓までどんなルートで行けるのか交通機関もよく調べましょう。

Point3.価格について

価格についてお墓の購入に要する費用は、大きく分けて「永代使用料」、「墓石工事費」、「管理費」の3つになります。
寺院墓地では、さらに入壇家志納金が加わる場合もあります。
また、お墓を建てた後の供養や法要にも費用がかかりますので、お墓選びには経済性も欠かせない要素になります。

■永代使用料
墓石を建立するための墓地を永代に渡り使用する権利を手に入れるための費用で、非課税です。
墓地は一般の不動産とは違い、永代使用料を納めても、その土地を所有することはできません。したがって、転売することもできません。

■墓石工事費
墓石を建てるための費用で、消費税がかかります。
石碑・外柵や基礎工事、文字彫刻などの工事に掛かる費用のことです。
この他に、霊標(墓誌)・燈明立・塔婆立などの付属品の費用も墓石工事に含まれます。良心的な石材店であれば、それぞれの内訳について明記した見積書を出してくれるはずです。

■管理費
主に墓地・霊園の共有部分を維持するために支払う費用です。
参道や道路の清掃や休憩所や植栽などの維持・管理の費用が管理費に含まれます。管理費は、永代使用権を得た時点から発生するため、墓石の建立や納骨が済んでいなくても支払う義務があります。管理費の支払いは、年間の場合と、数年分を一括納入する場合があります。

Point4.設備について

設備について管理事務所や駐車場、トイレ、休憩所、法要施設など、諸設備の有無や、規模はとても重要です。
また、墓地全域をバリアフリー設計にするなど、お年寄りや車イスの方でも無理なくお参りできるように配慮した霊園も増えています。
さらに、お墓参りの必需品には、花や線香、水や手桶などが挙げられます。これらの墓参用品が墓地に用意されているかをチェックしましょう。

Point5.環境について

環境についてお墓は故人やご先祖と精神的な対話をする場所ですので、それにふさわしい環境にあるかどうかも非常に重要な要素です。
緑が豊かで四季折々の風情があり、小鳥のさえずりが聞こえるような閑静な環境にあればベストでしょう。
また、日当たり、風通し、水はけ、地盤など、その墓地を取り巻く環境をチェックしましょう。いつも日陰だ、空気が滞って湿気がある、大雨のたびに地盤がゆるむ、などの心配の種は、なるべく少なくしておきたいものです。
さらに、墓地内だけではなく、周辺の環境もチェックし、騒音やにおいなどがないかどうか確認しておいた方が無難です。

しかし、環境面については、一般の方が墓地に一、二度足を運んだだけで判断するのは困難です。
「神戸市石材企業協同組合」では、墓地・霊園内を熟知したスタッフが現地を案内の上、墓地ごとの特徴を詳しく説明いたします。
お気軽にご相談ください。

Point6.管理体制について

管理体制についてできたばかりの墓地がきれいなのは当たり前。数年後も清潔さが保たれていそうかチェックの対象です。
墓地は末永く使用する祭祀財産でもあります。
管理費によってまかなわれるのは、公道の清掃、管理事務所の人件費、その墓地に付随する施設設備、植栽の管理等々があげられます。
いつ墓参しても、美しく気持ちの良い墓地であってほしいものです。そのためにも、ある程度の箇数がある墓地でなければ、管理事務所もなく、諸手続き(埋葬、改葬、承継など)も敏速に行われず、実際に困ってしまう状況が生じてしまいます。
管理料の高い安いも問題でしょうが、何よりも、自分たちの受けることのできるサービスの質そのもの自体が重要なのです。

Point7.使用規定について

Point7.使用規定について 墓地には公営・民営・寺院を問わず、使用する際にいろいろと制限があります。「使用規定」の基準に当てはまらないと使用が認めてもらえなかったり、守らないと返還を求められたりすることもあるので、将来を見据えて、墓地を購入する際には必ず「使用規定」をじっくり読み、内容をチェックする必要があります。 「使用規定」7つのチェックポイント
  • 1,宗教、宗旨・宗派の規定
    寺院墓地の場合は、その寺院の宗旨・宗派でないと受け入れてもらえないところが大半ですが、公営墓地・民営霊園はほとんどの場合宗教、宗旨・宗派を問いません。
  • 2,納骨すべき遺骨があるか?
    公営墓地の場合、遺骨がないと申し込みできない場合が多いようですが、自治体によりそれぞれ規定が異なりますので事前に調べましょう。
  • 3,石材店の指定
    民営霊園は多くの場合、霊園が定めた指定石材店から墓石を購入することになります。寺院墓地の場合も、石材店が指定されていることがあります。
  • 4,墓石の指定
    墓石の形や大きさなどに規定がある場合もあります。
  • 5,すぐに墓石を建てなければならないのか?
    遺骨がなくても、一定期間以内に、墓石を建てなければならなかったり、外柵だけは整備するよう求められることがあります。
  • 6,管理費の支払い方法
    毎年1年分ずつ支払う場合が一般的ですが、数年分前納という場合もあります。
  • 7,墓地使用権の取り消しの条件
    管理費滞納の場合に使用権を取り消されるケースもあります。

「お墓・無料相談」のご予約はコチラ!」

このページのトップへ